下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森/黒石】リンゴジュース益金で「幻の県道」整備

time 2017/05/24

【青森/黒石】リンゴジュース益金で「幻の県道」整備




 青森県黒石市沖揚平から法峠寺まで未舗装の山道を歩く「幻の県道探索ハイキング」が6月11日に開かれる。イベントを主催する六郷地区振興協議会(鎌田誠二会長)は、地区住民が育てたリンゴを使いジュースを製造・販売し、売上金の一部をコース整備費用に充てている。同協議会はハイキングの参加者を募るとともに「ジュース購入でコース保全に協力を」と呼び掛けている。
同協議会によると、幻の県道は県道酸ケ湯黒石線に指定されている約27.5キロのうち、未舗装部分の山道約15キロ。1936(昭和11)年に秩父宮殿下が弘前歩兵第31連隊を率いて行軍した後、県道に指定されたが、戦争で整備が進まなかったという。
協議会は87年から探索ハイキングを開始。当初、地元住民らから寄付を募り整備してきたが、財源を補うためにイベントが30回目を迎えた昨年、ジュースの販売を始めた。売上金の一部は、50メートルごとに設置している標柱の修復などに使うという。
ジュースの商品名は「幻の県道」。サンふじとジョナゴールドを使用しており、地元業者が製造。昨年5月の発売から500本近く売れたという。1本1リットル入り350円。購入申し込みは六郷公民館(電話0172-52-3830)まで。
6月11日の探索ハイキングは約15キロのフルと約8キロのハーフの2コース。参加料は大人2500円、高校生以下千円で、申込先は同公民館。5月30日締め切り。

東奥日報社




down

コメントする