下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森/方言】南部弁に触れるきっかけに 八戸童話会がCD作製

time 2017/03/24

【青森/方言】南部弁に触れるきっかけに 八戸童話会がCD作製




 青森県八戸市の八戸童話会(柾谷伸夫会長)は、南部弁を聞いて学べるCD「あのなっす南部弁」を作製した。21日に市公民館で開かれた完成報告会には柾谷会長と、会員の佐々木和子さん、長谷部美智子さんが出席。柾谷会長は「若い人や子どもが南部弁に触れるきっかけになれば」と思いを語った。

市の「元気な八戸づくり」市民奨励金活用事業で200枚を作製。3月上旬から市内の学校や図書館約140団体に配布された。

CDには約100の単語、46の例文を収録しており、標準語の後に南部弁が流れるという構成。会員6人によるアナウンスが、温かみのある南部弁の響きを引き立てている。報告会で柾谷会長は「聞いて声に出して、南部弁を楽しんで。地元には、すてきな言葉があるということを知ってほしい」とPRしていた。

販売の予定はなく、配布のみ。数に限りはあるが、要望があれば団体などに提供する。問い合わせは、八戸市公民館=電話0178(45)1511=へ。

参照:デーリー東北新聞社




down

コメントする