下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森/弘前】若者の婚活事情、親世代が学ぶ

time 2017/04/03

【青森/弘前】若者の婚活事情、親世代が学ぶ




 青森県八戸市はこのほど、「はちのへ“コンカツ”フォーラム」を同市の八戸グランドホテルで開いた。同市周辺での婚活イベントの事例や、結婚支援事業を行う団体の活動内容が紹介され、若者の婚活事情について、親世代に当たる60~70代を中心とした参加者約70人が理解を深めた。
同市の結婚支援事業を担当する市子育て支援課の工藤俊憲課長は、人口が減少する中、地域に定住して子育てする人を増やそうと、各自治体が結婚支援事業に乗り出していると解説。新年度から八戸圏域8市町村による連携中枢都市圏事業で実施する「縁結び事業」について「町村の皆さんと話し合いながら進めていきたい」と述べた。
2008年に発足した同市の結婚支援ボランティア団体「夢のかけはし」メンバーは婚活の心構えなどを助言。発起人の木村明子さんは「本人や親がそれぞれ自分の人生についてしっかり考えて、結婚に向けて意識を高めていくことが必要」と述べた。
40代の娘のため参加した同市の主婦(71)は「いろいろな婚活イベントやサービスが、市内でも行われていると分かり良かった」と話した。

東奥日報社




down

コメントする