下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森/南部/名久井】ドローンで果樹に人工授粉 名農が研究開始

time 2017/05/11

【青森/南部/名久井】ドローンで果樹に人工授粉 名農が研究開始




 青森県南部町の名久井農業高校(西館実校長)は本年度、小型無人機「ドローン」を使ったリンゴやサクランボなど果樹の人工授粉の省力化を目指す研究を始めた。同校によると、農薬散布などドローンの農業分野での活用が進んでいるが、人工授粉への利用は全国でも例がないという。今後、結実率などを調査し、実用化に向けての課題を探る。
同校の研究は、果樹の人工授粉作業が、高齢化が進んだ農家にとっては時間や人手がかかり、負担となっていることに着目。農薬散布などの農作業用ドローンを製作する「東光鉄工」(秋田県大館市)が協力した。
10日は同校農場内で一列に植えられたリンゴ・ふじ15本に初めて授粉をした。生徒らが、花粉と定着を促すための寒天などを水に加えた溶液を準備。ドローンの下部に取り付けたタンクに溶液を入れ、時速約5キロで3.5~4メートルの高さを保ちながら往復し、機体前後のノズルから霧状にして散布。約5分ほどで作業を終えた。
同校によると、手作業での授粉は1人で1本当たり約30分かかるため、ドローンでの授粉は作業時間の大幅な短縮が期待できるという。
研究に参加した同校園芸科学科果樹専攻の馬場健大さん(3年)は「手作業よりも効率が良く、労力が減らせる」、木村祐貴さん(同)は「作業時間が短縮できるので、空いた時間をほかの作業にまわせるのではないか」と話した。
同科果樹専攻の2、3年生は5月末ごろに、結実率や作業時間を手作業の場合と比較調査する。調査結果は今年秋ごろをめどに発表したいという。指導する松本理祐教諭は「生徒たちがこの研究を通し、農業に新しい技術を導入して指導する地域のリーダーに育ってほしい」と語った。

東奥日報社




down

コメントする