下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森/十和田】十和田湖、奥入瀬観光動画 高校生制作

time 2017/03/23

【青森/十和田】十和田湖、奥入瀬観光動画 高校生制作




 「十和田湖で楽しめるアクティビティーを紹介します」「コケ散歩、体験してみて」-。青森県十和田市を訪れる観光客の満足度を上げたいと、十和田西高校観光科の2年生11人が、観光PR動画を制作した。動画制作を通じ、改めて市の魅力を知った生徒も多く、実際のガイド活動に意欲を燃やしている。動画は4月から今期の運行が始まる八戸駅-十和田湖間を往復するJRバス東北の「おいらせ号」の車内で放送される。
市から委託を受けた、市観光協会が台本を作成。2015年度にこの路線に体験乗車した当時の同科2年生の感想や意見を基に、今回、車内音声や動画のアイデアを練った。
コンセプトは「西高生が案内をするバス」。生徒が観光関係者にインタビューをする内容で、地元の学生による「ご当地バス」としての話題性を高め、移動時間も旅行の楽しみの一つにしてもらう。新緑の季節に来た観光客に「紅葉の時期にも来たい」と思ってもらえるようなプロモーションを目指した。
撮影は、昨年10月から12月にかけて計6回実施した。十和田市の現代美術館や道の駅、奥入瀬渓流などを紹介。また十和田湖ではカヌーに乗り、ガイドの説明を受けながら、その楽しさや魅力を伝えた。
今年2月下旬、同校で生徒たちが完成した動画を初めて鑑賞。実際の映像を見ながら、撮影を振り返り、楽しそうに感想を言い合った。
橋場愛さんは「撮影を通じて新たな十和田市の一面を見られた。カヌーに乗りながらマイクでしゃべるのが難しかった。今度はその場でガイドできれば」、太田涼介さんは「学生らしいところを出せた。心掛けてきた『思いを伝える』『笑顔で』を欠かさずやれた。少し緊張したけど自分の仕事ができた」と出来栄えに満足そうだった。

参照:東奥日報社




down

コメントする