下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森/八戸】紙パック入り飲料に異物か 八戸市庁生協

time 2017/04/27

【青森/八戸】紙パック入り飲料に異物か 八戸市庁生協




 八戸市庁地下1階の市職員生協で18日に販売された200ミリリットル紙パック容器入り「COOP 国産大豆の豆乳飲料 青汁抹茶」に、異物が混入していた疑いがあることが26日、生協への取材で分かった。生協は3~19日に商品を購入した人に返品を呼び掛けている。

関係者によると、18日午前に商品を購入した女性職員が庁内で口に含んだところ、舌がしびれるような感覚を訴え、飲み物を吐き出したという。紙パックの角に直径1~2ミリの穴が開いており、翌19日に職員が返品した。健康被害はない。

同一商品は4月3、7日に入荷、最長で15日間陳列した。生協は20日に販売を休止し、店内に返品を呼び掛ける張り紙をした。26日までに類似の問い合わせはないという。

八戸署は生協からの相談を受け、返品された商品について、異物混入の有無を青森県警本部で調べている。

生協では2015年、販売したおにぎりとパンに、長さ3~4センチの縫い針が混入していたのを受け、店内の複数箇所に防犯カメラを設置。平日午後6時の閉店時はシャッターを閉めており、外部から人は入れないという。

デーリー東北新聞社




down

コメントする