下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森/八戸】八戸東高音楽部2年連続金賞、特別賞も受賞

time 2017/03/27

【青森/八戸】八戸東高音楽部2年連続金賞、特別賞も受賞




 「第10回声楽アンサンブルコンテスト全国大会」(17~20日・福島市)の高校部門で、青森県立八戸東高音楽部が5位に入り、2年連続の金賞に輝いた。中学、高校、一般の各部門金賞の15団体のみが出場できる本選では全国8位と健闘し、特別賞「ボブチルコット賞」を受賞した。同部最高の快挙に、部長の2年大舘希歩さんは(17)は「本選優勝という目標には届かなかったけれど、やり切れた。本当にうれしい」と喜びを語った。

大会には、各県大会で優勝した団体などが参加。同校は全国レベルの他校と差をつけようと、高難度な曲に挑戦した。本選で披露した6曲は全て違う国の言語。エストニア語やスペイン語などは2年三浦佳織さん(17)が翻訳し、部員同士で表現方法を熟考した。また、日本語にはない母音、子音の発声を徹底的に磨いた。

別れた男性と一緒に住んだ家の窓から海を見て、思い出を振り返る女性を描いた「BARCO QUIETO」の完成には苦労したというが、想像力を膨らませ、悲しくも力強く表現。ソロ担当の2年吉田桃子さん(17)は「別れた今も男性を待つ」と決意する女性の痛みを表現、聴衆を圧倒した。

大会後「思わず聞き入った」「歌声が好き」などと声を掛けられうれしかったという部員24人。副部長の1年関口文夏さん(16)は「積極的に技術を磨き、東高音楽部の伝統を結果と共に受け継ぐ」と意気込んだ。

同部は6月17日、八戸市公民館で、午後2時から「第11回定期演奏会」を開催する。大会で披露した6曲を披露するほか、同校出身のソプラノ歌手内田智子さんのソロステージも設ける予定。問い合わせは同校の原子こづえ顧問=電話0178(43)0262=へ。

参照:デーリー東北新聞社




down

コメントする