下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森/八戸】「入学おめでとう」魚も仲良く/マリエント

time 2017/04/03

【青森/八戸】「入学おめでとう」魚も仲良く/マリエント




 八戸市水産科学館マリエントは、入学シーズンにちなんだ企画展「みんな仲良く!入学おめでとう展」を開催している。「好適環境水」という特殊な水で、海水魚と淡水魚を同じ水槽で展示。自然界では出会うことのない魚が、水中を仲良く泳ぐ姿が来館者を楽しませている。30日まで。
同展は、進学や進級を迎える子どもたちに海水魚と淡水魚が同じ水槽で泳ぐ姿を見てもらい、新しい環境でも仲良く頑張ってほしいとの思いが込められている。
好適環境水は岡山理科大学の山本俊政准教授が開発。魚が必要とする最小限の電解質を真水に加えることで、海水魚と淡水魚の両方が成育できる。
マリエントでは、円柱型の水槽に海水魚のマダイとスズキ、淡水魚の金魚が仲良く泳いでいる。青森市から祖父母と訪れた大黒谷優聖(ひろと)君(金沢小2年)は「家の水槽で泳いでる金魚と海にいるマダイが一緒に泳いでいた。何でだろう」と興味深そうに観察していた。
企画展を担当しているマリエントの山本綾香主任(25)は「展示を見た子どもたちが不思議に思い、水生生物や海洋環境に興味を持つきっかけになれば」と話した。

参照:東奥日報社




down

コメントする