下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【青森】個性実るリンゴの木 女子美大同窓会100周年記念

time 2017/06/29

【青森】個性実るリンゴの木 女子美大同窓会100周年記念




 女子美術大学同窓会が今年で設立100周年を迎えることを記念して、同窓会青森支部は7月16日、青森市の「ねぶたの家ワ・ラッセ」で美術制作のワークショップを開く。テーマは「たわわに実れ津軽りんご」。開催に向け、同支部のメンバーは準備を進めている。
同窓会の節目を祝い、各都道府県の支部がそれぞれイベントを企画。青森支部は、青森県らしさを表現するリンゴをテーマに選んだ。
ワークショップでは、青森ねぶたの和紙やペットボトルなどを使って、来場者がオリジナルのリンゴの作品を作ることができる。
青森市や八戸市から集まった同支部のメンバー10人が今月上旬、青森市内の新岡悠佳里支部長(68)宅で、準備作業を始めた。弘前市から運んだ桜の枝や木材を組み合わせ、来場者の作品を飾り付ける2メートルほどの木の制作に取りかかった。
青森市の坂本明子さん(64)は「いろんな人の個性が集まって一つの木になる。どんな木になるか楽しみ」と期待を膨らませた。新岡支部長は「ワークショップは2年くらい前から計画してきた。来た人に気軽に楽しんでもらいたい」と話した。
ワークショップは参加無料。開催時間は午前10時から午後4時。問い合わせは新岡支部長(電話080-1676-4015)へ。

東奥日報社




down

コメントする