下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【東京/青森出身】ピコ太郎 武道館で初ライブ/7千人熱狂

time 2017/03/07

【東京/青森出身】ピコ太郎 武道館で初ライブ/7千人熱狂




青森市出身のお笑いタレント古坂大魔王さん(43)が“プロデュース”する歌手ピコ太郎のライブが6日夜、東京の日本武道館で開かれた。7千人の聴衆は目の前で繰り広げられる本物の「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」に大興奮。ピコ太郎さんも「予想ではお客さんは3人ぐらいだったけど、こんなにもいっぱい…」と感激の面持ちだった。
ヒョウ柄衣装にパンチパーマというおなじみの姿で登場したピコ太郎は、昨年12月にリリースしたアルバムを中心に10曲以上を熱唱。大半が1、2分程度という短さだったが、曲の合間の軽妙なトークで笑いの渦に包み込んだ。
約2時間のステージでは、古坂さんと交流があるお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」や、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」内のユニット「マス寿司三人前」、歌手の五木ひろしさんら豪華ゲストが続々登場。お笑いコンビ「爆笑問題」とのトークでは「だんだん悪い古坂が出てきたな」と突っ込まれ、ピコ太郎さんが「古坂は裏にいます」と慌てて“訂正”する一幕もあった。
最後は舞台と客席が一体となって「ペンパイナッポーアッポーペン」と大合唱。10回にわたってPPAPを歌い、初の武道館ライブを成功させたピコ太郎も満足そうな表情だった。

参照:東奥日報社

 

 




down

コメントする