下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【下北/六ヶ所】六ケ所村の魅力 PR任せて/「応援大使」に4人任命

time 2017/03/28

【下北/六ヶ所】六ケ所村の魅力 PR任せて/「応援大使」に4人任命




 青森県六ケ所村はこのほど、同村泊地区出身のフリーアナウンサー・遠田恵子さん(53)ら4人を「ろっかしょ応援大使」に初めて任命した。村役場で行われた委嘱状交付式に出席した3人は今後、村の魅力を広くPRすることを誓った。
大使はほかに、室蘭工業大学教授の清水一道さん(55)、東北大学大学院工学部教授の高橋信さん(52)、日本政策投資銀行四国支店長の原幸宏さん(52)。任期は2年。
式には高橋さんを除く3人が出席。戸田衛村長から委嘱状を受け取った遠田さんは「地元の人間としての目線で、海、山、人々のたくましさなど六ケ所の良さを若い世代にも伝えていきたい」と述べた。
清水さんは、むつ小川原港の振興策をアドバイスしてきたほか、ものづくりをテーマに、同村で出前授業を行っている。「村とはシップリサイクル事業でいろいろ情報交換してきた。ものづくりの分野でも応援したい」と語った。
原さんは、第三セクター「新むつ小川原」に出向した際、村の企業誘致に関わった。「エネルギー分野では飛び抜けたコンテンツがあるが、食の分野でも特徴、魅力があり、四国と村をつなぐ役割を果たしていきたい」と述べた。大使の4人は、村の観光や文化、企業立地環境をPRするほか、イメージアップ、観光振興策について提言を行う。

参照:東奥日報社




down

コメントする