下北かさまい速報

りんごはないけどサルはいる

【下北/むつ】活ホタテ、香港に初輸出/むつの3漁協

time 2017/03/09

【下北/むつ】活ホタテ、香港に初輸出/むつの3漁協




青森県むつ市の「むつ市・川内町・脇野沢村3漁協協議会」(新谷富也会長)は9日、県産農水産物の保冷輸送サービス「A!Premium(プレミアム)」を活用し、活ホタテ貝を香港へ輸出した。市によると、同サービスを使って下北から活ホタテを本格的に輸出したのは今回が初めて。

同サービスは、県とヤマト運輸が共同構築した仕組みで東南アジアには翌日中に配達できる。2月に香港で行われた展示商談会へ同協議会が活ホタテなどを出品したことがきっかけとなり、香港の輸入業者と取引が成立した。今回は、陸奥湾の同市沖で採れた地まきホタテ30キロを八戸市の貿易会社を通して輸出、10日夕方に香港に荷物が到着する予定。現地のレストランなどで使われるとみられる。

9日は午前6時40分ごろから、むつ市漁協荷捌施設で、市職員らが見守る中、職員たちが活ホタテの箱詰め作業を行った。その後、同市内のヤマト運輸むつセンターへ荷物を運び引き渡した。新谷会長は「今後、継続的な取引につながればいい」と期待を述べた。宮下宗一郎市長は「世界とむつ市がつながった歴史的な日」とし「活ホタテだけではなく、ほかの商品も輸出の可能性が広がると思う」と語った。

参照:東奥日報社




down

コメントする